2008年08月09日


チェラティンでは夜にゴミを集めに来る
最初部屋をノックされた時驚いたけど、部屋のゴミの収集だった
その時にチョコレートをもらえる
まぁ、それはおいておいてクラブメッドでの最終日の朝は見事に二日酔いであった
朝ごはんを食べに行こうと思うのだけど気分が悪くて頭が痛い
家族の冷たい視線
部屋で一人でお留守番
こまったさんである


それでも胃腸薬飲んでバッファリンを飲んで復活を目指す
洗濯物を取りに行けといわれコインランドリーへ
砂だらけになったジョリも洗って海岸で乾かす
息子は谷崎先生に教えてもらったカニ探しに夢中
海岸にあいている穴はカニの穴
そこに乾いた白い砂を穴一杯まで流し込む
そして白い砂を目印に掘り進むとカニに遭遇
一目散で逃げ出し海へ走っていく
その後子どもたちは最後のアクティビティと出かけるけどミニクラブで一杯で出来ずに帰ってくる
一部屋は11時であけなあかんので荷物を片付けて隣の部屋へ
頭がガンガンするなか一部屋の鍵を返しに行く
荷物を片付けたり、冷蔵庫で冷やしたマンゴスチンを食べてNHKの衛星放送を見ながら過ごす
12時過ぎに最後の昼食とレストランへ
まだ気分は悪いが食べないかんといつものミートスパ
家族はお昼の定番となったそうめん
息子はこれに日本食コーナーのチキンカレーをかけて食べるのがお気に入り
よーくクラブメッドは相席といわれるけれど、テーブル合わせた人数でたとえば4人席に4人とかなら相席なることはないみたい
だから家族だけで食べたいときはその人数のテーブルに座れば家族だけで食べられます
6人テーブルだったのでGOさんが相席
インドネシア出身のK-twoさん
ボビーさんみたいなしゃべりぐちで「ケツじゃないよ。ケーツーだよ」とか言って笑わせてくれる
息子に英語はしっかりべんきょうしなさいと言ってくれる
息子も神妙にきいている
来年はカビラに転勤だといっていた、お金があれば来年会いに行きたい
部屋に帰り荷物を部屋の前に出しお帰り準備
2時にチェックアウトの手続きをして、バーの前でくつろぐ
子どもたちは卓球大会に出てメダルをもらう
オレンジジュースを飲みながら出発まで最後の散策
そしてついにクラブメッドともお別れ
リーさんとバンジーバウンズの日本人GOさんたちに見送られながら出発
クアンタンの空港まで1時間
行きは真夜中だったので、景色を楽しみながら空港へ
着いてからは見事に自分たちで手続き
帰りの飛行機用ですともらったマレーシア航空の何の変哲もない紙
これでほんまに乗れるんだろうかと不安になるもチェックインカウンターにだすとOK
インターナショナルときかれるのでドメスティックとおこたえして完了

帰りももちろんタラップで搭乗
あっという間にクアラルンプールに到着
到着口が来る時に最初言われたA9ゲート
妙に空港の中が懐かしい
そして外に出るとお迎えの人のはずが誰もいない
現地係員がホテルまで送迎と書いてあったのに
おっちゃんがよってきて「タクシー、タクシー」と連呼
とりあえず違う場所で待っていないか国際線の到着ロビーへ
しかしそれらしい人はいない、しかし国際線到着ロビーは華やかである
戻ってくると係員さんがいた、ほっと一安心
中国の方みたいで日本語ペラペラ
シャングリ・ラまで1時間ほど
オートエアコンの温度は18℃
さすが東南アジアっていう感じ
チェックインの手続きもやってくれる
ポーターさんにチップお願いしますと言って去っていく
メッドのリーさんはチップ要らないと言ったけどと思いながらチップを支払う
お部屋は17階のコネクティングルーム
さすがに部屋は立派である
既に9時近いからホテルでお食事
1階にバイキングスタイルのレストランがあるが全員バイキング飽き飽き状態
2階の和食のジパングへ
場違いなジーンズにTシャツながらOK
子どもたちはお寿司の盛り合わせ、嫁さんジパングコース、父ちゃん刺身にビール
何とお支払いで880リンギッド、しまった3万円やと思ったが後の祭り
お部屋に戻ってバタンキュー
湯船は明日にお預けや


(17:33)

コメントする

名前
 
  絵文字